ピルとは経口避妊薬のことで、避妊に効果があるだけでなく生理不順、生理痛、経血量やにきびなどさまざまな悩みに効果があります。ここではそれぞれの目的ごとの服用方法や副作用についてまとめていきます。

ピルの写真

低用量ピルは継続で服用することで受精卵の着床を防ぐ

女性ができる避妊方法の一つとして低用量ピルの服用があります。避妊したいと考えていても、コンドームとなると男性の協力が必要となります。しかし、ピルなら女性側で避妊予防できると共にコンドームよりも確実に避妊できます。なぜピルには避妊効果があるのかと言うと、女性ホルモンが含まれており服用することで脳に身体が今、妊娠中と錯覚させることができるからです。妊娠すると排卵する必要がないため、生理が止まります。またたとえ受精したとしても子宮内膜の増殖を抑制するため、着床を防ぐ効果があります。そして、さらに子宮入り口の粘膜に働きかけ、精子の侵入自体を防ぐ効果もあるのです。そのため避妊効果が高く、利用する女性が増えています。そんな低用量ピルは毎日継続して服用する必要があります。継続することで体内のホルモンのバランスを保ち、脳を錯覚させているのです。そのため飲み忘れてしまうと脳は妊娠が終わったと認識し、生理を開始します。1日分の飲み忘れなら、翌日に二錠飲むだけで済みますが、2日分以上飲み忘れると生理が始まります。すると服用の調整を行う必要があります。さらに、ピルには使い初めに副作用があります。症状としては妊娠中と同様の症状です。吐き気や倦怠感、頭痛などですが、使い続けるうちに解消されていきます。そして、ピルには避妊以外にも生理不順を改善する効果やひどい生理諸症状を緩和する効果、そしてニキビを改善する効果もあります。それらはピルに含まれるホルモンによる作用です。
このように低用量ピルには継続して服用することで体内のホルモンを一定に保ち、それにより避妊する効果があります。そして避妊以外にも女性に嬉しい効果もあります。確実に避妊をしたい方や、生理諸症状を緩和したい方にはおすすめです。