ピルとは経口避妊薬のことで、避妊に効果があるだけでなく生理不順、生理痛、経血量やにきびなどさまざまな悩みに効果があります。ここではそれぞれの目的ごとの服用方法や副作用についてまとめていきます。

ピルの写真

ピルには太る作用があるか

ピルは経口避妊薬とも呼ばれ、女性ホルモンであるエストロゲンと、プロゲステロンが配合されています。服用することにより、妊娠した時のようになり、脳が妊娠と考えるため排卵を止めてしまいます。生理に伴う様々な症状や、子宮内膜症や子宮頸がん、子宮体がんの治療の際にも使用されることがあります。
低用量ピルの場合、高い割合でホルモンが含まれているわけではないので、体への負担は比較的軽いです。ですが、妊娠しているのと同じ状態になるため、妊娠初期のような症状が出ることが多いです。そのため、吐き気や倦怠感、頭痛、うつ状態、乳房の張り、不正出血、眠気が起こりやすくなります。副作用が出やすいのは飲み始めて2週間程度ですが、体がピルに慣れてくると軽減されていきます。
この他、ピルに含まれているエストロゲンが血液を固めてしまう作用があるので、血栓症を起こす危険性があります。下半身のしびれやふくらはぎの痛み、むくみといった症状が出ている場合は静脈に血栓ができている可能性があります。血栓症は命にかかわることもあるので、早めに処方してもらった産婦人科に相談すると良いでしょう。
これらの副作用の他にピルを服用すると太る、ということがあげられます。ピル自体にはこのような作用はありません。ですが、ピルを飲むことによってホルモンのバランスに変化が生じ、体の中に水分や栄養をため込もうとします。一時的に体重が増加することはありますが、服用をやめると元にもどります。
ピルを服用すると妊娠しているのと同じ状態になります。そのため食欲も出てきますが、食べすぎないように注意しましょう。服用中に食べすぎてしまうと服用をやめても痩せないことがあります。