ピルとは経口避妊薬のことで、避妊に効果があるだけでなく生理不順、生理痛、経血量やにきびなどさまざまな悩みに効果があります。ここではそれぞれの目的ごとの服用方法や副作用についてまとめていきます。

ピルの写真

ネットでも販売されている低用量ピルで中絶手術リスク

生理習慣のある健康な女性に取って、男性とセックスをすれば、少なからず妊娠してしまう可能性はあります。子供が欲しいと考えていないのであれば、当然ながらきちんと避妊対策を取らないと、中絶手術を受けなければならなくなってしまうリスクは減らせません。避妊対策というと、男性が装着するコンドームだという女性も多いですが、このコンドームは、確実に避妊ができるというわけではなく、使い方を間違えていたり、何らかのアクシデントがあれば、妊娠してしまう確率も残っているのです。事実コンドームを装着していたにもかかわらず、妊娠してしまった、という失敗例も多く、結果的に女性の心と身体を著しく傷つけてしまう中絶手術を受けなければならない事態に陥ってしまっている、気の毒な女性も少なくありません。このようなリスクを極力減らしたいなら、低用量ピルを服用する習慣をつけ、自分の身体は自分で守れるようにしましょう。低用量ピルは、含まれるホルモン量も少なく、副作用の危険性なく安全に摂取できる素晴らしい医薬品です。毎日決まった時間に一錠飲むだけで、確実に避妊ができるので、万が一コンドームが外れてしまったり、破れていたとしても慌てることはありません。このピルは、レディースクリニックで処方してもらえますが、日本のクリニックでは避妊目的で服用する場合には保険が適用できないので、毎月継続して飲むとなると、金銭的な負担も大きくなってしまいます。そこでお勧めなのがネット通販で、海外の医薬品を個人輸入代行で販売している業者もあり、クリニックで購入するよりも格段に安く手に入れられるので、助かります。数か月分まとめて買えば、さらに値引きをしてくれるところもあり、ピルを継続して飲みたい方にはとても人気があるようです。